TANAAKK、東海理化(TYO6995)と資本業務提携を締結

Growth-as-a-Service™︎| empower industry 4.0 game changers

Tanaakk株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中 翔一朗、以下 TANAAKK)は株式会社東海理化電機製作所(本社:愛知県丹羽郡大口町、代表取締役社長:二之夕 裕美、以下 東海理化 証券コード 6995)と資本業務提携を締結しました。

TANAAKKTR x

TANAAKKは2022年1月より企業価値向上サービスである”Growth-as-a-Service™︎”を東海理化に提供しており、HITSERIES®︎RevOps※1、HITSERIES®︎SRE※2、HITSERIES®︎CICD※3、HITSERIES®︎DevOps※4などの増収増益サービスを広範にわたり利用いただいています。

Aprpressrelease x

東海理化はTOKAI RIKA DigitalkeyⓇをはじめとする新規事業領域において、2030年に150億円の売上を目指しており、TOKAI RIKA DigitalkeyⓇは、車の鍵にまつわる課題をデジタルキーで解決するサービスを展開しています。社用車管理システム「Bqey(ビーキー)」を2022年4月にサービス開始、レンタカーマッチングアプリ「Uqey(ユーキー)」を2023年2月に国内の一部店舗にて先行導入しています。

growthasaservice min

※1 RevenueOperationの略。プロダクトリリース後の増収をマーケティング、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスのデータプラットフォーム管理、AIスクリーニングする一連の手法
※2 Site Reliability Engineeringの略。商用化されたサービスの稼働状況をプロセスとAIを組み合わせて24時間365日監視するSecurity Operation Center(SoC)の運用手法。 
※3 Continuous Integration/Continuous Deliveryの略。本番環境のサービスを停止することなく、ソフトウェアの変更をテスト・本番環境にリリースする、デプロイ自動化手法。 
※4 Development Operationsの略。研究開発からプロダクトリリース、バグ、セキュリティなどの品質テスト、ユーザの使用状況のフィードバックによるプロダクト改善まで、エンジニアと運用の垣根を壊し一連の流れをプロセス化、オートメーション化する手法。 

tanaakk_logo

TANAAKKについて

Tanaakk株式会社はハイパーグロースする組織に対してイノベーション投資を実行するHITSERIES®︎FUNDを運営するともに、増収、増益、増配を実現するための一連のパッケージソフトウェアサービス「Growth-as-a-Servicer™︎」を世界6カ国8拠点で提供しています。TANAAKKはMicrosoft Azure, Amazon AWS, Google GCP, Apple Developer, Oracle Netsuite, Salesforce, ImmuniWebなどの先端汎用インフラと、国内TOPファーム出身のプロジェクトマネージャー及び弁護士、オフショア人材を組み合わせて「はやい、やすい、うまい」を実現、拡大しています。