導入事例 モバイルブック・ジェーピーHITSCAN/HITPLAN

Growth-as-a-Service™︎| empower industry 4.0 game changers

導入事例 モバイルブック・ジェーピーHITSCAN/HITPLAN

mobilebook min

2022/11/1

mobilebookjp logo

東証一部上場の大日本印刷グループ子会社、株式会社モバイルブック・ジェーピー様はTANAAKKとパソナJOBHUB様の連携により、2021年よりGrowth-as-a-Service™︎を導入し、新規事業のソーシング、立案、予算策定、SaaSプロトタイプ開発までを実現しています。

hitscan_small-min
hitplan_small-min

導入前の課題(Before)

現在の主事業が順調に伸長している今を好機と捉え、次なる柱事業の創出に積極的に取り組みたいが、社内に知見がない。

導入後の成果(After)

TANAAKKの知見を活かし、事業開発のスピードを上げることで複数の事業化を推進。HITSCAN®️からSaaSプロトタイプ事業を立案、続くHITSERIES®️CICDでプロダクトをリリース。

導入インタビュー

弊社では主力事業が好調な今、次の柱となる事業を検討しておりました。しかし、新規事業に取り組むにあたり、異業種交流会や書籍などで情報収集を重ねましたが、情報の抽象度が高くなかなか自社に活かせないというもどかしさがありました。とはいえ、日々環境が変化するVUCAな社会において、新規事業は企画から事業化までのスピードが勝負です。

多業種での事業立ち上げ経験を持つ方が伴走いただけるサービスだと感じました。弊社の今の状況において、国内外の様々なケーススタディをスピーディーに提示してくださる方がビジネスパートナーとなっていただけることが、導入の大きな決め手となりました。

実際に得られた成果

日本で新規事業と呼ばれるものは、実は既に海外に事例が存在することがほとんどです。ご支援の中で、必要なタイミングで国内外の最適な事例をスピーディーに情報提供いただいたことで、事業評価のサイクルが早まり、約半年で数十個ものアイデアを検証し進めることができました。弊社だけではこのようなスピーディーなPDCAの実現は難しかったと感じています。

また、新規事業で見落としやすい、コンプライアンス周りも詳しいので、リスク観点での事業評価も早期の段階から行うことができました。

今後の展望

弊社の行動指針である「誠実」「知恵」「チャレンジ」に従い、これからも、既存事業に満足することなく新たな柱事業の創造へ果敢に挑戦したいと考えております。
チャレンジを通して社員が成長し、結果として会社が成長していくことが大きな資産です。これからも社内一丸となり、挑戦をし続けてまいります。

新規事業の設計図はみんなの中にありました。

TANAAKK 青木

導入企業概要

企業名株式会社モバイルブック・ジェーピー
設立年月日2005年1月5日
資本金1億円
代表者代表取締役社長 小林亨
従業員数135名(2022年10月1日現在)
所在地東京都千代田区神田神保町3-2-3 Daiwa神保町3丁目ビル6F
業種電子書籍取次業
mobilebook min  x
写真左から
株式会社モバイルブック・ジェーピー
プラットフォーム事業本部 サービス企画グループ マネージャー 角田 塁 様
プラットフォーム事業本部 書店営業開発部 プロデューサー 鈴木 乾也 様
代表取締役社長  小林 亨 様
プラットフォーム事業本部 出版営業開発部 マネージャー 柳平 悠輔 様