武蔵精密工業アクセラレーションプログラムで講演

Growth-as-a-Service™︎| empower industry 4.0 game changers

MUSASHI_CLUE20211124-min

アクセラレーションin豊橋

2021.11.24
武蔵精密工業が主催するアクセラレーションプログラム in CLUE 2021にてTanaakk代表の田中と、取締役COO/弁護士の青木がメインメンターを務めました。

武蔵精密工業アクセラレーションプログラム

参加チーム

第4期目となる開催となったアクセラレーションプログラムでは大手製造メーカー、豊橋技術科学大学発ベンチャーなど、8つのチームが参加しており、12月27日のデモデイに向けたビジネスモデル変革を実施します。

<法人>
株式会社アグリトリオ
株式会社パワーウェーブ
株式会社ミスコンシャス
株式会社ジースヌーズ
 <チーム(非法人)>
Volo(ムサシ社内スタートアップ)
Paphio(ムサシ社内スタートアップ)
EPAL(エンジニアマッチングサービス)
メチャクチャハヤイ(株式会社エフ・シー・シー社内スタートアップ)

futureworkshopfutureworkshop

ワークショップ

アクセラレーションプログラムの冒頭はチームの自己紹介から始まり、未来をつくるワークショップでアイスブレイクを行いました。

MUSASHI_CLUE20211124

パネルディスカッション

武蔵精密工業株式会社執行役員Chief Innovation Officerの伊作猛氏様にインタビューを実施。これまでの武蔵精密工業のアメリカ、イスラエル、ドイツ、日本をはじめとするインターナショナルな事業投資の経験から『これまでに出資したくなったスタートアップ経営者はどういう人だったか?』というテーマでパネルディスカッションを実施しました。

20211124MUSASHI_CLUE

講演

Tanaakk株式会社取締役COO・弁護士の青木より、これまでのTanaakkの100社を超えるスタートアップ支援実績から、イノベーションとビジネスモデル定義における時代変化をお伝えしました。